企業理念 「人の幸せに貢献することが私たちの使命です」
私たちは、人材派遣や人材紹介、教育事業を通して、理念を体現します。

お仕事検索

メールからのお問合わせ

0479-30-4080

Interview 01

高橋 智仁

代表取締役

Q. 企業理念はいつ、どのようにできたのですか?

企業理念は、私が代表に就任する直前の2013年3月に、社員10名と二日間の合宿をして創りました。 皆が心ひとつにして仕事をするには、まず企業理念があった方が善いと感じたのと、それも独りで創ってもお互いの納得感が無いのは当然で、絵に描いた餅のような企業理念も掲げたくない。とにかく社員みんなで考えて創りたかったんです。

企業理念
『人の幸せに貢献することが私たちの使命です』

この理念の『人』にはいろいろな意味が含まれています。 弊社には営業職も居れば、会社を守ってくれる事務職の人もいます。また、パソコンスクールの講師もいます。様々な職制の人がいる中で、それぞれのよかれ…で仕事をするのではなく、心ひとつにして仕事をしたいとの思いから、全員が納得感ある企業理念を創ろうと話し合いました。
また、私たちはどの職制でも求職者と関わることが多いこともあり、求職者や派遣スタッフの幸せを…と考えるのですが、果たしてそれだけなのかとの意見も出ました。目の前の派遣スタッフのために…はわかるけど、私たちにはお客様である企業(クライアント)がいて、はじめて仕事が成り立ちます。「企業は人なり」と言いますが、求人を出されているクライアントもやっぱり『人』なんです。では、私たちがその派遣スタッフやクライアントに与え尽くせたら、それで満足なのか?と言えばそうではないと。忘れちゃいけないのは、私たち自身も大切な『人』であること。
この時、近江商人の「三方善し」の意味と重要性を改めて感じ、理念でいう『人』とは「派遣スタッフ」と「企業」と「私たち社員」が含まれた『人』であるというのを、みんなで再認識してこの理念ができました。

Q. 企業理念があって良かったと感じた時は?

企業理念を策定した当時は、拠点は本社のみで社員10名だったんですが、少しずつ拠点も増え、中途採用・新卒採用で社員が増えてきました。社員が増えてくると、企業理念を一緒に考えて創ったメンバーもいれば、入社した時には、理念は既に在ったメンバーもいます。新旧のメンバーが融合する時にもこの企業理念は凄く役に立っていて、会社が大切にしている想いが見える形(理念)となっているから、社歴に関係なく大切にしている点を擦り合わせしやすいようです。特にうちに入社してきた人の共通点は、事業の将来性に興味を持ったのではなく、理念や社員の顔ぶれに興味、関心を持って入ってきてくれた人が多いのも理念が良かったと感じるところですね。

Q. 目指している会社像と今後の展開は?

社員全員にスポットライトが当たる会社にしたいですね。会社の業績に直接影響する営業などは比較的スポットライトが当たりやすいと思いますが、内勤者などの間接部門の人たちも含めて、社員全員が活躍できるフィールドを創りたいですね。私自身もサラリーマン時代に感じたことですが、自分自身の存在感だったり働く意義を感じられないと、無力さを感じて自身のことを否定的に見たことがあります。そうなると、本来仲間であるはずの周りの社員と比較したり、短所ばかりが目につくようになり、勝ち負けのスパイラルに陥ります。しかし、社員一人ひとりの長所が引き立つ会社は、比較がなく関係性も良いのでみんな仲がいい、社員同士の連携がしやすい。スポットライトを“常に”ではなく、“定期的に”みんなを照らせる会社にしたいと思います。それもあってうちは何かを決めたり、考えたりする時は“みんなで”が基本線なので、ある意味面倒くさい会社かもしれませんね。(笑)
また、事業としては現在の人材派遣業と人材紹介、求職者支援訓練事業(アイテックパソコンスクール)を主としていますが、企業理念に沿った内容で多角化していきたいと考えています。具体的にはこれからですが「お客様に必要とされる会社」をイメージした時、現在の法人向けサービスの他に、個人向けサービスも私たちの強みを活かせるところがあるのではないかと感じています。サービス業は「価値を感じて頂けないと対価は頂けない」のが本質です。この点については「是が非でも満足していただきたい」と成果にこだわるのが私たちの理念にもあることから、事業の多角化に自信を持ってすすんで参ります。

Q. 大切にしていることは?

うちの会社は「みんなで」「チャレンジ」「貢献」を大切にしています。 「みんなで」は、経営者や上長が何かを決めるのではなく、考えたり決めたりする段階からみんなで話し合うことを大切にしています。それだけにイベント事もみんなでやることが多いので、ほぼ毎月何かしらやっている気がします。(笑)
「チャレンジ」することを大切にしているのは、どの会社も同じだと思いますが、20代、30代が多い会社として、価値を増大する工夫と失敗を恐れずに立ち向かう勇気を培っていきたいと思っています。
最後の「貢献」は、ビジネス上の損得で考えたり計るのではなく、まず目の前の人に貢献する一心で動くことを大切にしています。短期的に見ると「なんで?」と思うこともあるかもしれませんが、継続していくことで数値などで測れない「想い」が伝わることも、サービス業の醍醐味だと感じています。

Interview 02

伊藤 晴美

教育事業部 本社

Q. 今どんな仕事をしていますか?

教育事業部での求職者支援訓練校の運営、講師を中心に、大学の非常勤講師や企業研修に携わっています。
また、部署を超えてニュースレター作成や得意のイラスト作成などでほかのメンバーのサポートもしています。

Q. 講師業はいつ頃から?

育児休業から復帰した時に教育事業に携わり始めたので、2011年頃からですね。

Q. モチベーションの源は?

「ありがとう」という言葉ですね。講師として受講生の方々と接する中で、まだまだ半人前……と、くじけそうになっていたときにいただいたのが、「先生ありがとう」という言葉でした。その言葉をくれたのは年上の女性の方だったのですが、本来、先に生まれると書いて先生であって、私の方こそ教えていただいているのに……と、すごく感動して。「こんなに素晴らしい仕事があるんだ」。「ありがとう」ってこんなに人を幸せにするんだっていう感動が自分の基礎になっています。モチベーションが上がるのはもちろんですが、「ありがとう」という言葉に支えられて、今の自分がいますし、あの時の感動を思い出し、初心に還ることのできる、大事な言葉ですね。

Q. ビジョン

足元を大切にしたいなって思っています。私が講師として初めて前に立った時と較べると環境も変わってきていて、佐倉校ができたり、いろんな会社さんに研修講師として行けたり、用いられていることに感謝です。最近は、たくさんの方に影響を与えるチャンスが多くなってきたんですけど、大事にしないといけないのは一番身近にいる人たち、というのは忘れたくないなと思います。自分の家族もそうですが、私は社員の事も家族だと思っているので、講師仲間とかアイテックのみんなをとか、とにかくその人たちが幸せだなって思えるような環境づくりをしたいなと思っています。

Q. アイテックというのはどんな存在ですか?

家族のような、子供のような。
創業時の一番大変な時に、私がちょうど妊娠していて、大きなお腹で外出したり、面接したりと、その当時のことは忘れられないですね。入社してくれた社員を絶対幸せにしないと、という思いを、ずっと持ってここまで十数年きて、いまでもその思いが消えません。創業当初からのこの会社を大事にしたいとか、社員を大事にしたいっていう思いはずっと持ち続けているので、入ってくれた人はずっと家族で大事にしたいなという気持ちでいます。

Q. アイテックとはどんな会社ですか?

共通の理念を持った家族っていうところ。
承認されているというか、本当に「あなたには価値があります」っていうのをすごく感じるんですよね。「助かっています」「ありがとうございます」っていう言葉も言ってもらえるし、サンクスカードもあるし、給与明細にも手書きのメッセージが書かれています。そうやってことあるごとに「あなたはそのままで大丈夫です。ありがとう。」っていう言葉をもらっているので、私ここにいていいんだなっていう存在価値を会社にいることで感じらます。人生の時間のほとんどを過ごす会社で、そういう気持ちになれるっていうのが本当に幸せだなと思うし、それがアイテックの良さかなって思います。

Interview 03

後盛 秀範

人材サービス事業部 本社

Q. 現在はどんな仕事をされていますか?

企業様と求職者の方の架け橋となるような仕事で、企業様から採用に関する課題を伺って、そこに合う方を採用して派遣したり、ご紹介をしたりするっていうのがメインの仕事になっています。

Q. やりがいを感じるときはどんな時?

弊社がご紹介した方がお客様より「本当に良い方を紹介してくれてありがとう。かなり戦力になっているよ。」というお言葉をいただいたときだったりとか、あと「予想以上だったよ」というお言葉をいただけたり、また求職者の方からも「本当に就きたい職場に就けて今楽しいです」とか「幸せです」っていうのを言ってもらったりとかですね。派遣先まで会いに行った時にいい表情で働いているのを見た時にはすごく幸せだな~って感じますね。

Q. アイテックの役割・なくなったら困る事・存在する意義は?

派遣会社や紹介の会社は沢山あると思うのですが、ただそれこそ「何のために」とか、「誰のために」というところを働く人に伝えているのは、おそらく多くない気がしています。楽しく働くことや、やりがいを持って働ける人が、うちがなくなることで減っていってしまうと感じています。

Q. 他社との違い・強みは?

自分だけじゃなくて、周りを良くしたいと、働く社員全員が思っているっていうところが、一番の強みなのかなって思います。本当に利他的、誰かのために…と動いていることが、自分たちの幸せととらえて働いているメンバーが多いので、そこは強みだと感じています。

Q. 働いていく上で大切にしていることは?

「自分と関わる人と一緒に、物心ともに豊かになり、関わる人に勇気と希望を与える」というのが自分の人生理念にしているので、そこは「人の幸せに貢献することが私たちの使命です」という企業理念とも重なっている部分だと思います。

Q. アイテックと働くことのメリット

まず100%成長できるなって思います。その成長っていうのも、もちろんどこの会社に行っても成長できると思うんですが、ただ単にスキルが身につくとかじゃなくて、人としての器が拡張できるんじゃないかなって思います。どの会社でも成功体験と失敗体験はたくさんあると思うんですけど、前向きな失敗は承認される文化も含めて、失敗できる、チャレンジできる風土を感じて働けることは大きいなって思います。

Interview 04

石毛 智也

人材サービス事業部 柏支店

Q. アイテックに入社を決めた理由は?

一番の理由は「企業理念」、そして理念を語る「代表高橋の姿」に惚れた事です。企業理念が出来てちょうど1年経った頃に中途面接をして頂いたのですが、「社員みんなで作った理念なんだ!」と語る高橋のキラキラした表情と、社員のイキイキとした空気感に、自分もここで働きたい!と強く感じました。正直、人材派遣については良く理解せずに入社を決めましたが(笑)、自分の感覚に間違いはなかったと感じています!

Q. 仕事の内容は?

「営業」と「フォロー」の2つを中心に行っています。営業では、採用に課題を抱える企業様に、私たちのサービスを通してその課題を解消する為の提案を行います。担当者様には、定例会を実施して定期的な市況の情報交換や、スタッフの就業状況などの現状報告をさせて頂きます。フォローは、派遣スタッフの方々の労務管理はもちろん、派遣先の担当者様と協力して、安心して就業できる職場作りにも力を入れています。その為電話だけでなく現場に足を運んで面談を行ったり、給与明細に手紙を同封して手渡ししたりと、日頃のコミュニケーションを大事にしています。

Q. 大切にしている事は?

ゴミ拾いやトイレ掃除を行い、細やかな事への「気付き」を大切にしています。掃除は、手を抜けば細かい汚れに気付かず、いつしか簡単に落とせない頑固な汚れになりますよね。人間関係も同じで、目の前の相手に心を向けずにいると、その人との間に見えないチリのようなものが積もります。それが積み重なれば、孤立してしまうことにもつながります。人は一人では生きる事ができません。相手が何に悩み、何を望んでいるか。それを逃さずキャッチする為の「気付き」をこれからも大切にしたいですね。

Q. 仕事のやりがいを感じる時は?

誰かの挑戦を支援できた時が、最もやりがいを感じる時ですね。現在、対人コミュニケーションの苦手な社会人1年目の20代スタッフを担当しております。入社直後は不安が強く、何度も退社の相談がありました。その度に面談を重ね、必ず成長できると伝え、入社から3週頃まで、ほぼ毎日相談を受けました。現場に協力をお願いすることもあり、お客様も快くスタッフを支えてくれました。その結果、責任感を持ち今も活躍してくれています。バイトも中々続かなかった彼が目標を持ち、目の前の仕事にやりがいを持てるまでに成長した姿を見られたことが非常に嬉しく、まさに仕事のやりがいを感じた経験でした。

Interview 05

齋藤 仁

人材サービス事業部 千葉支店

Q. 入社してからの成長を感じられる事は?

前職では、人に頼らず自分1人で業務を完結する、という考え方で仕事をしていました。アイテックに入社してからは、風通しの良さや先輩から熱心に声を掛けて頂けるという環境があり、1人でなく、チームで働くという事の大切さに気付くことができました。共に働くメンバーに対して、自分から自己開示が出来る様になった事で、相互理解が深まり、チーム内での自分の価値に気付く事もできました。それが現在の自分のモチベーションにもつながっていると感じます。

Q. 現在はどんな仕事をされていますか?

人材サービス事業部にて、派遣スタッフのフォローアップや、お客様の問題解決に向けてのご提案をさせて頂いております。

Q. アイテックの存在意義

私はアイテックの営業マンとして、企業理念の「人の幸せに貢献する」を体現する事を大切にしています。こまめに現場に足を運ぶことにより、スタッフの声を企業様に届ける。さらには、企業様の目指す方向をスタッフに共有する。スタッフ、企業様の双方と近い存在であるからこそ出来る事が、アイテック営業としての存在意義だと感じます。人間関係のトラブル防止や、働き方改革の事例などを共有する事で、企業様の生産性向上や人材定着に繋がるご提案を心掛けています。

Q. どんな会社にしていきたいか

社員がイキイキと仕事をしていることが一番大事だと思っています。誰もが自分の役割を理解し、自分の仕事に責任を持つことで、全員が輝けるフィールドがある組織にしていきたいですね。社員一人ひとりが社内だけでなく、企業様、スタッフから愛される存在であり続けるよう、成長を追い続ける会社になるように、まずは自分自身が精進していきます。

Q. 大切にしていること

自分自身と向き合う事、自分自身から逃げない事を大切にしています。そうすることで、行動や発信に自信をもつことが出来ると感じます。企業様にとって信頼できるパートナーであり続けるために、またスタッフにとって頼りになる存在であるために、常に自分に正対して向上心を持ち、もっと良くするためにはどうしたらいいか、と考え続けていきます。

Interview 06

棚町 彩菜

人材サービス事業部 本社

Q. アイテックに入社を決めた理由は?

就活を始めた当初は、営業は無理にでも相手を説得する職業だと思っていましたが、アイテックは「営業とは問題解決業だ」という考え方で、決して自分本位でなく、相手の為になるように働くという姿勢に驚きました。この考えは会社全体の方針でもあり、その貢献心からくる雰囲気の良さに惹かれて入社を決めました。

Q. アイテックはどんな会社ですか?

私は営業として働いていますが、拠点や事業部、役職を超えて、様々な人と気軽に話せる環境が大好きです。例えば社員全員のグループLINEで「初めて○○ができました!」という報告をしたりすると、皆さんが自分のことのように喜んで返信してくれるんです。 良いことも悪いことも、一人ではなくみんなで共有できることがとても嬉しいです。

Q. 大切にしていることは?

社会人として大切にしていることは、「楽しく働く」ということです。これは楽をするということではなく、仕事や会社を好きになった上で、イキイキと働きたいという意味です。同じ出来事でも、捉え方によって楽しくも辛くもなると思うので、何事もポジティブに考え、元気良く取り組むようにしています。 また、どんなことにも全力で取り組む姿勢も大切にしています。色々なことをいっぺんにこなせるような器用な性格ではないですが、頼まれたことや、やりたい!と思ったことは「できるかできないか」ではなく、「まずやってみよう」という気持ちで行動しています。なので、仕事以外のイベントや遊びでも、体を張って全力で楽しんでいます(笑)

Q. 女性営業として目指すもの

「女性らしさ」と言えば落ち着いた仕草、丁寧な対応…などのイメージがあるかと思いますが、私の場合はそれだけでなく「女性でもここまでできます!」ということを意識しています。元気の良さや泥臭いことなど、地道な努力を「女性だから」という理由で控えたくはありません。どこまで女性営業の壁を壊すことができるか挑戦することに、ワクワクしています!(笑)

Q. 未来について

まだ圧倒的に経験が足りないと感じます。仕事もプライベートも様々なことを経験して、より相手の目線に立てる人に成長していきたいです。 また、将来的には家庭を持ち、働きながら家事や子育てをしたいですね。まだアイテックには女性営業として家庭を持ちながら仕事をされている方はいないので、私がその道を創り、これから入ってくる方々のロールモデルになれるように頑張りたいと思います!

Interview 07

池田 智子

人材サービス事業部 本社

Q. 入社は?

2007年4月に入社しました。以前は都内でSEをしていましたが、結婚を機に、生まれ育った銚子に戻ってきました。

Q. アイテックはどんな会社ですか?

誰もが本当に楽しそうにイキイキと働いている会社です。
前の会社は大きい会社で人間関係も良かったんですが、仕事にやりがいや生きがいを・・っていう風潮は、あまり感じられなかったんです。だからアイテックで、個々の力が何より大事にされて、みんなが楽しそうに働いているのを見て、「仕事ってこんなに楽しめるんだ」って、正直驚きました。

また、互いを承認し、支え合う文化があります。誰かの成長や、感動したこと、時には失敗したことも伝え合って、分かち合う。一緒になって泣いたり笑ったりしながら、みんなで一つのことをやり遂げていくのがすごく楽しいです。みんなで喜びも苦労も共有しているので、何かいいことがあった時とか、本当泣けちゃうんですよね。仕事で感動して泣けるって、すごく幸せなことですね。

Q. アイテックの存在価値を感じるとき

関わる人全ての幸せを常に考えているところです。皆が「本当に理念に沿っているか」を常に考えて、誰かが迷ったり、ちょっと違う方向に逸れていきそうな時は、「それは違うんじゃない?」って声かけ合える雰囲気があります。一人ひとりが真摯に理念と向き合い行動することで、周りに善い影響を及ぼすのだと思います。

Q. 誇らしいところ

やっぱり人ですね。個性豊かで、頭脳派もいれば、熱血漢で気持ちが先走るようなタイプもいて、それぞれが自分の強みを生かして、また苦手なところは克服して、という成長意欲がすごく高いです。お互いに支え合うチームワークも素晴らしいですし、一人ひとりが会社を作っていると思うので、アイテックのどこが好きか?と言われたら、やっぱり「人」ですね。

また、個性豊かだからこそ考え方も人それぞれなんですが、その中で理念が軸としてあるのはすごく心強いです。迷った時は理念を基準に話し合えるので、心を一つにして頑張ることができます。若いメンバーが多いですが、皆さんとても勉強熱心で、全員がここまでイキイキ働ける会社ってなかなか無いんじゃないかなって、そこもすごく誇らしいです。

Q. どんな会社にしていきたい?

大好きな会社ですが、まだまだ自分たちの枠の中での良い会社なのかなとも感じます。先日「日本でいちばん大切にしたい会社大賞」の授賞式を見学させていただいて、選考基準や受賞企業のプレゼンを聞かせていただいたのですが、企業の質を判断するには様々な基準があると知りました。障がい者雇用とか地域貢献とか、外に向けて貢献の輪を広げていって、そういう賞に値するような更に良い会社を目指したいですね。そうすることで企業としての幅も広がり、「働く人の幸せ」に、更に寄り添えるのではないかと思います。

Interview 08

宮澤 裕麻

人材サービス事業部 柏支店

Q. アイテックの中でどんな仕事をされているのですか?

営業サポートとして内勤事務中心のお仕事をしております。請求や給与、社会保険関連などで、事務的なお仕事をさせて頂いております。また、新卒採用にも一緒に携わらせてもらっているのと、営業さんのサポートとして面接なども行います。

Q. アイテックの社風は?

明るいですね。みんな仕事を楽しむことを大切にしていて、ダークな部分がないというか、いつもみんなが明るく仕事をイキイキと楽しんでいるっていう印象は、入社当初から何も変わらないなと思います。
また、色々挑戦させてくれたり、成長を応援してくれている場所だなって思います。
ちゃんと一人一人をフューチャーしてくれている、目を向けてくれているなっていうのを感じられるところだと思います。 社長自らが電話かけてきてくれて「最近どう?」とか、体調崩したときは「体調大丈夫?」とかまめに連絡をくれるっていうのは私もびっくりして、社長からこんな電話がかかってくるんだみたいな、なんかその距離の近さに驚いたのと嬉しかったのとで・・。

Q. どんな挑戦をさせてもらっているんですか?

メンタルヘルスの資格取得に最近まで挑戦していたんですが、元々心理学にも興味はあって、でもなかなか心理学に触れるキッカケもなかったので、じゃあ何か資格を取るとなった時に、ここで働くアイテックのメンバーもそうですし、派遣スタッフとして勤務するスタッフも含めて、少なからずあると思われる働く中でのストレスを少しでも軽減出来たらと思い、メンタルヘルスの資格取得に挑戦しようと思いました。

Q. 主婦としてアイテックの働く環境はどうですか?

求人情報とか見ていて、一見女性を応援しない会社って少ない気がするのですが、どこも産休育休制度ありますとか、家族手当ありますとか、文章では書いてあるけど、実際入ってみると、無いところも多いと聞きます。
アイテックに入社してから感じるのは、社長自身が家族をすごく大事にしていますし、「自分の身近な人が幸せでないともっと遠くにいるその先の人は幸せにできない」という考えを持っている社長なので、何かそこはやっぱり面接に来たときも、そういう考えを持っているんだよっていうのを説明していただきました。
一番の魅力に感じて入った部分でもあるので、働きやすいかどうかと聞かれたら、もう断然働きやすいですよね。やっぱり理解があるだけに、そこに対してはなんのストレスもありません。

Q. 今後の目標

まず一つは自分自身のアイテックの中での存在意義を高めたいです。私がここにいる理由だったり、価値をもっと高めたくて、それで息子にも自分自身も堂々と、「私今これを頑張っているよ」「こんなに頑張っているよ」って言える何かがもっともっと欲しいですね。

TOP ▲